JavaのDOCXから注釈を削除する

あらゆるタイプのJavaアプリケーションで、Microsoft Office、画像、図面、HTML、およびその他のドキュメントファイル形式からすでに追加されている注釈を削除します.


無料トライアルをダウンロード

GroupDocs.Annotation for Java APIについて

GroupDocs.Annotation for Javaは、画像やドキュメントファイル形式から注釈を表示、追加更新、消去、抽出、またはエクスポートするためのネイティブJava注釈管理ライブラリです。ユーザーは、コメント、メモ、コメント、およびPDF、HTML、Word、Excel、Visioダイアグラム、プレゼンテーション、図面、画像、およびその他の多くのファイル形式のテキスト、グラフィックス、透かしなどのさまざまな注釈タイプを簡単に削除できます。注釈処理機能は、インポートされたドキュメントから注釈を正確に読み取ることができ、カスタマイズを実装した後、元のファイル形式または目的のファイル形式にエクスポートして戻すことができます。

JavaでDOCXから注釈を削除する手順

GroupDocs.Annotationを使用すると、Java開発者は、いくつかの簡単な手順を実装することで、Javaベースのアプリケーション内のDOCXファイルから注釈の詳細を簡単に削除できます。

*コメントと日付を使用して返信オブジェクトを作成します。

  • SaveOptionsオブジェクトをインスタンス化し、AnnotationTypes=AnnotationType.Noneを設定します。 *結果のドキュメントパスまたはストリームとSaveOptionsオブジェクトを使用してsaveメソッドを呼び出します。

システム要求

GroupDocs.Annotation for Java APIは、すべての主要なプラットフォームとオペレーティングシステムでサポートされています。以下のコードを実行する前に、システムに次の前提条件がインストールされていることを確認してください。

*オペレーティングシステム:Microsoft Windows、Linux、MacOS *開発環境:NetBeans、Intellij IDEA、Eclipseなど

  • Javaランタイム環境:Java 7(1.7)以降
  • GroupDocs Artifact Repositoryから最新バージョンのGroupDocs.AnnotationforJavaを入手してください。

Annotator annotator = new Annotator("C://input.docx");
SaveOptions saveOptions = new SaveOptions();
saveOptions.setAnnotationTypes(AnnotationType.None);
annotator.save("C://output.docx", saveOptions);
annotator.dispose();

ドキュメントや画像から注釈を削除するライブデモ

GroupDocs.Annotationライブデモサイトにアクセスして、今すぐDOCXファイルから注釈を表示および削除してください。
ライブデモには次の利点があります

APIをダウンロードする必要はありません

コードを書く必要はありません

ソースファイルをアップロードするだけです

ファイルを保存するためのダウンロードリンクを取得する

DOCXファイル形式について

DOCXは、MicrosoftWord文書でよく知られている形式です。 2007年からMicrosoftOffice2007のリリースで導入されたこの新しいドキュメント形式の構造は、プレーンバイナリからXMLファイルとバイナリファイルの組み合わせに変更されました。 Docxファイルは、Word 2007およびラテラルバージョンで開くことができますが、DOCファイル拡張子をサポートする以前のバージョンのMSWordでは開くことができません。

続きを読む DOCXファイル形式について
Back to top
 日本