ドキュメント内のテキストまたは画像に注釈を付ける

.NETアプリケーションを強化して、50を超えるドキュメント形式からすべての一般的な注釈タイプを追加、編集、および削除して、より簡単で効率的なコラボレーションを実現します。.


無料トライアルをダウンロード

GroupDocs.Annotation for .NETは、C#、ASP.NET、およびその他の関連する.NETテクノロジでドキュメント注釈管理アプリケーションを構築するのに役立つAPIの包括的なセットです。 PDF、HTML、Microsoft Office Word、Excelスプレッドシート、PowerPointプレゼンテーション、エリア、ポイント、テキスト、楕円、リンク、下線、ポリライン、矢印、距離、透かし、画像など、すべての一般的な注釈タイプを作成して操作できます。 Visio、画像、CAD図面、その他のさまざまな形式。ドキュメントアノテーターライブラリを使用すると、注釈、コメント、または強調表示されたメモを元の形式に追加した後、ドキュメントをエクスポートできます。また、要件に応じて注釈をカスタマイズできる便利なデータオブジェクトのセットも提供します。

GroupDocs.Annotation for .NET Features

複数のタイプの注釈のサポート

GroupDocs.Annotation for .NETを使用すると、さまざまなタイプの注釈を操作できます。これにより、タスクでチームと協力しながら、コミュニケーションの自由と容易さが得られます。エリア注釈(エリアを長方形としてマークしてメモを追加)、ポイント注釈(ドキュメント内の任意のポイントにコメントを貼り付ける)、テキスト注釈(選択したテキストにコメントを追加)、取り消し線/下線注釈(段落に適用)、ポリライン注釈(図形とフリーハンドの線を描画)、矢印注釈(コメントが添付された矢印ポインター)、楕円注釈(楕円内にテキストを表示)、距離注釈(オブジェクト間の距離を表す線を描画)、リンク注釈(サポートされているドキュメント形式へのWebリンクを追加)、および注釈(テキストスタンプまたは透かしをドキュメントに追加できます)。

//AnnotationInfoのリストを初期化します
List<AnnotationInfo> annotations = new List<AnnotationInfo>();
//テキスト注釈を初期化します
AnnotationInfo textAnnotation = new AnnotationInfo
{
  Box = new Rectangle((float)265.44, (float)153.86, 206, 36), Type = AnnotationType.Text 
};
//リストに注釈を追加します
annotations.Add(textAnnotation);
//入力ファイルストリームを取得します
Stream inputFile = new FileStream("D:/input.pdf", FileMode.Open, File
.ReadWrite);
//注釈をエクスポートし、出力ファイルを保存します
CommonUtilities.SaveOutputDocument(inputFile, annotations, DocumentType.Pdf);

サポートおよび学習リソース

GroupDocs.Annotationは、他の一般的な開発環境向けのドキュメント表示APIを提供します

Back to top
 日本