JavaAPIを介して個人情報を編集する

Java redaction APIを使用して、ドキュメント、ワークシート、プレゼンテーション、PDF、およびラスターイメージファイルから個人情報とメタデータを除外または非表示にします.


無料トライアルをダウンロード

GroupDocs.Redaction for Java APIを使用すると、開発者はMicrosoft Word、Excel、PowerPoint、PDF、画像などの一般的なファイル形式から機密データを削除して、使用および配布できるようにすると同時に、機密情報も保護できます。改訂ライブラリは、社会保障番号、医療情報、財務情報、専有情報、法律情報、さらには取引の詳細など、あらゆる種類の機密情報をテキスト、メタデータ、注釈編集タイプで編集するための単一のフォーマットに依存しないインターフェースを提供します。ドキュメントを元の形式で保存し、元のページのラスターイメージを使用してサニタイズされたPDFドキュメントを作成できます。

GroupDocs.Redaction for Java Features

検索文字列の完全一致を検索して編集します

墨消しプロセスを制御し、特定の一致をスキップします

正規表現を使用して検索および編集する

オフィスフォーマットとPDFの組み込みサポート

メタデータを消去するか、メタデータ値を編集します

墨消しを特定のワークシートと列に制限する

注釈を削除するか、テキストを編集します

テキスト(免除コード)またはグラフィック(色付きの長方形)の編集を使用する

ドキュメントを元の形式で、または元のページのラスター画像を含むPDFとして保存します

ラスター画像形式と画像領域の編集のサポート

カスタム編集とフォーマットを実装するための統合インターフェース

画像ファイルからEXIFメタデータを編集または削除する

PDF、Word、プレゼンテーションドキュメント内の埋め込み画像を編集する

分類されたデータを編集してプライバシーを確保する

GroupDocs.Redaction for Javaライブラリを使用すると、開発者はさまざまな種類の編集を使用して、サポートされているドキュメントからテキストや画像を編集できます。 Redaction APIを使用するのは、簡単で簡単です。

次のコード例では、編集の範囲を特定のワークシートや列に制限できるMicrosoftExcelスプレッドシートなどの表形式のドキュメントを使用しています。フィルタを使用して、ワークシート「顧客」の電子メールで2番目の列を編集し、ドキュメント内の他のすべての電子メールはそのままにします。

final Redactor redactor  = new Redactor("sample.xlsx");
try
{
    CellFilter filter = new CellFilter();
    filter.setColumnIndex(1);
    filter.setWorkSheetName("Customers");
    Pattern expression = Pattern.compile("^\\w+([-+.']\\w+)*@\\w+([-.]\\w+)*\\.\\w+([-.]\\w+)*$");
    RedactorChangeLog result = redactor.apply(new CellColumnRedaction(filter, expression, new ReplacementOptions("[customer email]")));
    if (result.getStatus() != RedactionStatus.Failed)
    {
        SaveOptions so = new SaveOptions();
        so.setAddSuffix(true);
        so.setRasterizeToPDF(false);
        redactor.save(so);
    };
}
finally { redactor.close(); }

サポートおよび学習リソース

GroupDocs.Redactionは、他の一般的な開発環境向けのドキュメント表示APIを提供します

Back to top
 日本