JavaAPIを使用してHTML経由でドキュメントを編集する

JavaアプリケーションをHTMLエディターと統合して、ドキュメントを操作し、元の形式に変換し直します.


無料トライアルをダウンロード

GroupDocs.Editor for Java APIを使用すると、HTML形式のドキュメント編集が可能になります。 APIは複数のドキュメント形式をサポートしており、外部、オープンソース、または有料のHTMLエディターと統合できます。 Editor APIは、ドキュメントの読み込み、HTMLへの変換、外部UIへのHTMLの提供、操作後にHTMLを元のドキュメントに保存する処理を行います。また、さまざまなMicrosoft Word、Excelスプレッドシート、PowerPointファイル、OpenDocument形式、XMLおよびTXTドキュメントを生成するために使用することもできます。

Java機能用のGroupDocs.Editor

簡単なHTMLエディタの統合

HTMLDOMへのドキュメント変換

ストリームを介してHTMLコンテンツを抽出する

Word、Excel、PowerPointのファイル形式の読み込み、編集、保存

埋め込まれた要素と一緒にHTMLをフェッチします

XMLドキュメントのインポート、表示、編集

HTMLコンテンツをバイパスして埋め込みリソースを保存する

ワープロ文書をパジナルモードで表示、編集、保存する

ファイルからHTML本文タグのコンテンツを取得する

HTMLファイルのCSSコンテンツを抽出します

文字列コンテンツを使用してHTMLDOMを取得し、ファイルに変換する

埋め込み要素を使用してHTMLDOMを変換する

編集のためにHTMLで複数の形式のファイルを変換する

編集せずに入力ドキュメントのメタ情報を取得

編集したドキュメントをプレーンテキストファイル形式で保存

変換精度

出力ドキュメントにパスワードを適用する

データベース(DB)にとらわれない

ユーザーインターフェイス(UI)に依存しない

従量制ライセンスをサポート

HTMLDOMとの間で正確に変換する

GroupDocs.Editor for Javaを使用すると、サポートされているファイル形式のドキュメントをロードして、CSSなどの関連要素とともにHTMLドキュメントオブジェクトモデル(DOM)に変換するアプリケーションをJavaで構築できます。さらに、エディターJava APIを使用すると、一般的なHTMLエディターのいずれかでHTMLを編集できます。必要な変更が行われた後、GroupDocs.Editor for Javaを使用すると、この結果のHTMLを元のファイル形式に戻すことができます。

//ドキュメントストリームを取得します
InputStream inputStream = new FileInputStream(CommonUtilities.getStoragePath("Content.HTML"));
InputHtmlDocument htmlDoc = EditorHandler.toHtml(inputStream);
//HTMLドキュメントコンテンツを取得します
String cssContent = htmlDoc.getEmbeddedHtml();
System.out.println(cssContent);

関連付け要素のロードとフェッチ

GroupDocs.Editor for Java APIを使用すると、画像、CSS、フォントなど、サポートされている形式のドキュメントから関連する要素をフェッチできます。次に、これらのフェッチされた関連要素をロードし、それらをトラバースして、最終的なHTMLファイルとは別に保存し、適切に管理された出力を得ることができます。.

サポートおよび学習リソース

GroupDocs.Editorは、他の一般的な開発環境向けのドキュメント表示APIを提供します

Back to top
 日本